« 絶対決める!小論文頻出分野 | トップページ | 無理なく継続できる小論文&受験を乗り越えるために »

2010年10月21日 (木)

差がつく公募推薦入試&テキスト活用法

は~い(V^-°) 志願理由書って言ったら私ですよね~
公募推薦入試対策は夏が勝負です。志願理由書の準備を始めましょう。公募推薦入試では事前提出書類の準備が必要になります。であることや志願理由書を書くためには自分自身のことを知る必要があります。はポイントです。
公募推薦入試では志願理由書や志願理由書の準備は大切ですが、その対応は教科の勉強を優先させるためどうしても、滞り気味になりがちです。そこで「公募推薦入試マイスター」が初めて書く入試小論文の手順を具体的に例を挙げて説明しましょう。

いきなり書き始めるのでなく下書きやメモを準備してメモでは設問に従って、順を追って考えを文章にしていきます。しかしこれはあくまで自分の頭の中を整理するための下書きですから、きちんとまとまっている必要はありません。頭に浮かんだことをもっと具体的に書き出してみましょう。

どういう対象にも、ある程度知識を得ると疑問が消えていきます。それだけ深く理解しているからです。しかし、例えば、環境や条件が変われば、時代が変われば、使う人や見方を変えれば、異なる理解が必要になるかもしれません。

【頻出分野の考え方】なぜこのような資本主義的な考えが一般的になったのでしょう? そして、現在も続く深刻な不況によって、ますます人は経済的にも精神的にも追い詰められた状況に陥っているかに見えますが、最近になってやっと、「ゆとりやおおらかさの大切さに気づく」というわけですね。

公募推薦入試の準備に熱中しすぎるといま旬な『 イングランドvsアメリカやっててもう終わるところでした いやぁイングランドのGKは本当にW杯でアレだよねw 優勝した時は素晴らしいGKいたみたいだけどそれ以降はイマイチぽ 志願理由書を印刷しようとしたんだけど中々用紙に合わなくて全部失敗したwww 』などまったく興味がなくなるものです。

今日も読んでいただけて嬉しく思います♪バイバ~イ♪

この記事の関連ワード
茨城大学 過去問 岡山大学 看護 大学受験 

« 絶対決める!小論文頻出分野 | トップページ | 無理なく継続できる小論文&受験を乗り越えるために »