« 誰でもできる志願理由書&併願の仕方 | トップページ | 秋から始める志願理由書&塾の授業計画 »

2010年9月11日 (土)

無理なく継続できる志願理由書なら大丈夫!!

のんびりした時間をすごされていますか?、今年もいよいよあの季節の到来ですな~
公募推薦入試は合格し易いと受験生は思いがちです。でも志願理由書の準備はしていますか。公募推薦入試では事前提出書類の準備が必要になります。も忘れないでくださいね。

公募推薦入試では志願理由書や志願理由書の準備は大切ですが、その対応は教科の勉強を優先させるためどうしても、滞り気味になりがちです。そこで「公募推薦入試マイスター」が初めて書く入試小論文の手順を具体的に例を挙げて説明しましょう。

いきなり書き始めるのでなく下書きやメモを準備してメモでは設問に従って、順を追って考えを文章にしていきます。しかしこれはあくまで自分の頭の中を整理するための下書きですから、きちんとまとまっている必要はありません。頭に浮かんだことをもっと具体的に書き出してみましょう。

【頻出分野の考え方】「具体例?携帯電話を持つ年齢→………お年寄りの人まで、持つようになった。」この時に「何故お年寄りも持つようになったのだろう?余り必要ないと思うけれど。あっ、そうか。お年寄りは一人住まいの人が多いし、早寝早起きだから若い人と生活時間帯が合わない。でもメールなら思いついた時にいつでも送っておけるし、お年寄りの人も手先を使ってメールをすれば頭への刺激になって良いということも聞いたな。」深く考えていけば、あなたの主張もきっとみつかります。

七条御所ノ内北町から最寄の加茂まで志願理由書対策を考えていました。(株)ソウセイで用足ししても気になることはやはり公募推薦入試関連なのは仕事柄でしょうか。

小論文の作成は「課題について与えられた条件下で答えを見出す」という「考える作業」が要求されますので、詩歌や感想文のような情緒的文章作成とは全く異なるアプローチが要求されます。それは、「課題」という言葉の意味が分かっていなければできないし、「答えを見出す」という作業が一体どういうことをするべきであるのか、分かっていなければできません。

そういえば『『 俺が気づいたOJTの欠点は、上司は実務者であって教育者ではないこと。 仕事をするのは上手いけど、教えるのは上手くないことが多い。 だから理解に苦しむし、全体が見えてこない。 一応、教育×商社ビジネスを掲げていた、俺の1つの使命ではなかろうか。 』』に関する頻出分野も志願理由書ではねらい目かもしれません。

さてさて、寝冷えに気をつけてくださいね。

この記事の関連ワード
国際医療福祉大学 大学受験 国立高校 医療系 テーマ 

« 誰でもできる志願理由書&併願の仕方 | トップページ | 秋から始める志願理由書&塾の授業計画 »