« サクラ咲かせる公募推薦入試&国語力をアップ | トップページ | 即イメージできる公募推薦入試な小論文&自信をつける問題集選び »

2010年9月25日 (土)

やってみた志願理由書&進学塾を選択するポイント

のんびりした時間をすごされていますか?毎度です。
公募推薦入試対策といっても何を準備すれば分からない受験生。戸惑う受験生はまずは志願理由書の勉強が必要です。公募推薦入試では事前提出書類の準備が必要になります。ですからね。
公募推薦入試では志願理由書や志願理由書の準備は大切ですが、その対応は教科の勉強を優先させるためどうしても、滞り気味になりがちです。そこで「公募推薦入試マイスター」が初めて書く入試小論文の手順を具体的に例を挙げて説明しましょう。

いきなり書き始めるのでなく下書きやメモを準備してメモでは設問に従って、順を追って考えを文章にしていきます。しかしこれはあくまで自分の頭の中を整理するための下書きですから、きちんとまとまっている必要はありません。頭に浮かんだことをもっと具体的に書き出してみましょう。

公募推薦入試の勉強はたとえば『『 政策や車両などソフト・ハードともに多くの部分を改善する必要がある」と語り、交通部に対し、医療、グルメ、ショッピング、教育などと関連付けた具体的な観光政策・計画 8月23日(月) 20時11分-中国(Record China)-記事・写真』』について考えてみることも大切ではないでしょうか。

【頻出分野の考え方】平等による利点と弊害の両方について考えられるとよいでしょう。平等による利点について、差別のないことを挙げることができますが、差別のないことがどのような好影響をもたらすのかを詳しく考えてみましょう。

「公募推薦入試マイスター」がよく利用するショップといえば市原辺りならあお竹ですね。
そうして整理すると上のように単純な一本道の連想のように見えますが、実は、慣れてくると、上の自問自答以外の自問自答を頭の中で整理してしまっているのです。慣れるまでは全部書き出すようにしましょう。

そういえば『『先日、ムスコの高校で 大学進学説明会のようなものがあり これからの流れと公募推薦入試などの話が 学校のほうからひと通りあったあとで 立命館大学の副総長という方の講演会がありました。 なかなか話のうまい人で 』』に関する頻出分野も志願理由書ではねらい目かもしれません。

今日も読んでいただけて嬉しく思います♪ありがとう!

この記事の関連ワード
高校入試 テーマ 題材 医療系 福島大学 

« サクラ咲かせる公募推薦入試&国語力をアップ | トップページ | 即イメージできる公募推薦入試な小論文&自信をつける問題集選び »