« 秋から始める志願理由書&塾の授業計画 | トップページ | サクラ咲かせる公募推薦入試&国語力をアップ »

2010年9月17日 (金)

受験のプロが一押しする小論文ノウハウ

一向に涼しくなりませんが、いかがお過ごしでしょうか。突然ですが、小論文はおスキでしょうか。
公募推薦入試対策はどうしても教科の勉強よりの後回しになりがちです。特に小論文などは授業内で扱うことがほとんどなく、受験生は殆ど未体験なのです。
公募推薦入試では小論文や小論文の準備は大切ですが、その対応は教科の勉強を優先させるためどうしても、滞り気味になりがちです。そこで「公募推薦入試マイスター」が初めて書く入試小論文の手順を具体的に例を挙げて説明しましょう。

いきなり書き始めるのでなく下書きやメモを準備してメモでは設問に従って、順を追って考えを文章にしていきます。しかしこれはあくまで自分の頭の中を整理するための下書きですから、きちんとまとまっている必要はありません。頭に浮かんだことをもっと具体的に書き出してみましょう。

【小論文の書き方 ポイント】生態系や自然環境に配慮した方法で生き抜いていく知恵や技術も社会の発展には欠かせないものですし、それを全て忘れて自己中心的に経済を築いて行ったとしても、それは長続きしないと思うからです。
ケーブル比叡から乗り込んできた受験生は公募推薦入試の話題でもちきりでした。
もちろん、試験小論文では名前も知らない採点者が読むのですが、だからこそ、書き始める前に何をどのように伝えたいのかがはっきりしていないと、曖昧な文章になってなにも伝わらなくなってしまうのです。

小論文によく出る頻出分野は『『友人の会社では現在 中小企業診断士試験 の勉強会や、 知財教育 など、様々なことに取り組んでいるそうです。 また、広告の一つとして ソーシャルアプリ 開発 の企画もあがっており、忙しくも充実した日を送り、 残業 請求 ができると笑っていました。 』』関連にもありそうです。

この記事の関連ワード
医療系 岡山大学 大学受験 札幌市立大学 千葉大学 


推薦入試合格へ全速力!

« 秋から始める志願理由書&塾の授業計画 | トップページ | サクラ咲かせる公募推薦入試&国語力をアップ »