« やってみた志願理由書&進学塾を選択するポイント | トップページ | メインにしたい公募推薦入試で自立学習中♪ »

2010年9月27日 (月)

即イメージできる公募推薦入試な小論文&自信をつける問題集選び

こんにちは~(^-^ )、呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ンの「公募推薦入試マイスター」ですo(^-^)○ イエイ♪
公募推薦入試対策といっても何を準備すれば分からない受験生。戸惑う受験生はまずは小論文の勉強が必要です。大学受験や高校受験で人気の公募推薦入試は教科試験が課せられないのが一般的です。ですからね。
合格できる小論文を書きたいと、受験生は全員思っています。そのためにはメモは多い方がいいです。

内容に膨らみを持たせた後で、取捨選択しながらつながりのある方向で深めていくのです。

そして、その際の方向性とは課題文や設問の主旨に沿ったものでなければなりません。設問に「あなたの考え」を述べなさいという形になっている場合が多いでしょう。

『『 横浜市教育委員会はこれまで近接する小規模校間の再編統合を進めてきたが、同規模の相手校がなく単独の小規模校とし 小中一貫教育の統合校とすることも検討する方向だ。 8月23日(月) 23時45分-神奈川(カナロコ)-記事』』も今年注目の頻出分野になる可能性がありますね。公募推薦入試対策に役立つ情報です。

【頻出分野の考え方】人々が精密で便利なものを求めるようになったことが、現実にはどのような問題を生み出しているでしょうか? 人々が望んだものは本当に必要なものだったのでしょうか? 目指したものに誤りはなかったのでしょうか? そして、競争社会であることが、技術革新の発達のどういう面において問題を深刻化させているのでしょうか?

下狛周辺でも公募推薦入試対策が可能な塾はないのでしょうか。

【頻出分野の考え方】科学技術それ自体の中にも、「価値の高いもの」「選択すべきもの」と、そうでないものとがあって、我々はそれらの中から「価値の高いもの」「選択すべきもの」を選び取っていく必要があるという意味でしょうか? その場合の選択基準とは、優先されるべき条件とはどのようなものなのでしょうか? そしてさらに、それらが社会のあり方とも関わってくる問題だとしたら、我々は未来に向けてどのような社会を築いていけばよいのでしょうか? ぜひ考えてみてください。

そういえば『『 1624年の死に至るまでの6年間に『シグナトゥーラ・レールム』を始めとする幾つかの大著、および付随する小論文、信奉者宛の書簡な どで、精力的にその思想を語りだしていく。 幾つかの小論を集めて出版を勧めるものがあり 1623年 に 『キリストへの道』を 』』に関する頻出分野も小論文ではねらい目かもしれません。

そんな感じでバイバイ

この記事の関連ワード
医療系 千葉大学 題材 大学受験 福島大学 

« やってみた志願理由書&進学塾を選択するポイント | トップページ | メインにしたい公募推薦入試で自立学習中♪ »