« 受験のプロが一押しする小論文ノウハウ | トップページ | やってみた志願理由書&進学塾を選択するポイント »

2010年9月22日 (水)

サクラ咲かせる公募推薦入試&国語力をアップ

夏休みも残りあとわずかになりました。最近めっきり小論文にはまっている「公募推薦入試マイスター」です。
公募推薦入試が受験生に人気です。でも小論文対策は大丈夫でしょうか。
合格できる小論文を書きたいと、受験生は全員思っています。そのためにはメモは多い方がいいです。

内容に膨らみを持たせた後で、取捨選択しながらつながりのある方向で深めていくのです。

そして、その際の方向性とは課題文や設問の主旨に沿ったものでなければなりません。設問に「あなたの考え」を述べなさいという形になっている場合が多いでしょう。

分析メモは、もっと自分のためだけに書いていいんですよ。汚くても構いません。本番で提出しなさいという大学もありますが、その場合は、問題冊子に必ずその旨書かれていますから、問題を読むときに注意しておけば良いでしょう。

【小論文の書き方 ポイント】試験時間や精神状態を考えると、その場でじっくり考えることは難しいはずです。そうであるので、事前の準備、事前に考えを深める訓練をしておくことが必要です。考えを深めるには議論をすることが有効です。自問自答で、あえて課題文や自分の意見に反論してみてはどうでしょうか。

受験生といえども『『 それらを習得したいという方は、是非 ブリッジ学院 の高3 数学 の授業を受講してみて下さい。お待ちしております。 [M.SHIGA on Twitter] 頻出分野: 大学受験 - ジャンル: 学校・教育 Tags: センター試験 数学 posted at 02:17 | 数学・算数 | TB(0 』』程度は知っておきたいものです。

小論文についてはまだまだ語りつくせません。

この記事の関連ワード
題材 札幌市立大学 高校入試 テーマ 岡山大学 

« 受験のプロが一押しする小論文ノウハウ | トップページ | やってみた志願理由書&進学塾を選択するポイント »