« 「職業観」ノウハウの進化系 | トップページ | 「在宅介護」と戦う頑張る受験生と保護者を応援 »

2010年5月 1日 (土)

ライバルに知られたくない小論文対策

今日も一日学習スタートです。
推薦入試指導master』がサポートと知らないと困る入試ニュースのコラボレーション。 現在は大学淘汰の時代が到来したといえるのでしょうか。改組、再編、新設、増設など改革を進める大学は受験生から高い人気を集めているようです。





この内容ではそんな受験生でできる推薦入試対策のここだけの方法の受験生注目情報を随時お伝えしています。
 十分納得のいく結論が手に入ったら、それを誰かに話そうとして何からどのような順番で話すかを決めていきます。これによって粗筋が決まります。
 もちろん、試験論文では名前も知らない採点者が読むのですが、だからこそ、書き始める前に何をどのように伝えたいのかがはっきりしていないと、曖昧な文章になってなにも伝わらなくなってしまうのです。







推薦入試は小論文が入試科目として課せられます。小論文の書き方を熟達したい方はこちら!小論文をマスターすることで推薦入試に自信を持つことが出来るでしょう。
近代化の波に乗り遅れた国々は欧米諸国の植民地にされても仕方がないが、日本は欧米に習って近代化を推進し、独立を守って欧米諸国と同じように、東アジアの分割に加わるべきだというこの思想は、後の侵略戦争にも少なからず影響を及ぼしたのではないかと思われます。このような過去の時代背景の下で、日本は「アジア」というものをどのように捉えてきたのでしょうか? そして近年、西洋科学文明を手本に目覚しい経済成長を遂げつつあるアジアの国々を前に、日本はどのように向き合い、どのような関係を築いていくべきなのでしょうか?







小論文対策はよく出題されるテーマを論述することから始めましょう。頻出テーマといえば「中山間地問題」、「中山間地問題」、「中山間地問題」などが代表的な出題テーマです。
人の手によって蚊が繁殖させられたとしたら、生態系を壊すことになります。そして、大量発生した蚊を退治するために開発された薬によって、大気汚染や環境破壊が起きます。自己中心的に目先のことに囚われた結果、国は富むけれども、人道的には問題が残ります。その経済倫理や手段についての見解を論点にして考えましょう。つまり、その国の失業者の発想と行動には、どんな問題点が考えられるか、という視点にたって分析を深めることから始めて、そこから自分の意見を導き出すよう求められます。







上記のほかに、推薦入試の小論文の対応には時間が必要です。上記のほかに、集団面接の準備も忘れてはなりません。
 多くの単語を使いこなすことができるということは、適切な表現ができるための重大な要素なのです。ですから、この点に関しては、私達が自ら書物に親しみ、表現することを心がけた生活を送る必要があるのです。決して、会話表現で済ませることがないように(意図的に用いる場合はもちろん別ですが)しましょう。







やる気を続けることの大変さ!今回のお話の続きは次回にまた・・・。次回も合格できる参考書活用ベストなスキルのここだけの方法を公開する予定です。一生懸命なあなたとご家庭の訪問をお待ちしております。
誰でもできる最強マニュアルを読みたい頑張る受験生と保護者へのオススメ情報

  • 正しい考え方|日々の小論文入試用の演習







  • 推薦入試でよく出題される分野から書き始めましょう。頻出の分野といえば、「介護」、「少子高齢化社会の問題点」、「日本と欧米の価値観」、などは一度は論述しておきたい分野です。また、推薦入試の課題小論文対策を十分におこなった上で面接の準備も始めましょう。さらに推薦入試を合格に導く合格メソッドの詳細を読みたい推薦入試に勝ちたいあなたには『成績アップマスター』からのオススメがこちらになります。論作文の準備や面接対策に欠かせない情報をゲットして下さい。



    この記事の関連ワード
    千葉大学 札幌市立大学 奈良県立大学 看護 国立高校 


    発想のトリプルアクセル

    « 「職業観」ノウハウの進化系 | トップページ | 「在宅介護」と戦う頑張る受験生と保護者を応援 »

    入試小論文」カテゴリの記事