« 「脳死」の書き方をバックアップ | トップページ | 失敗しようがない問題集活用ノウハウの正解を教えます »

2010年5月11日 (火)

入試小論文ノウハウのA to Z

今日は朝から小雨がパラついています。
『合格保障@推薦入試マニア』が書き綴る失敗しようがないベストな自宅での勉強計画を知りたい方はこちら!% 大学進学率は高水準を維持しています。合格が最終目標でなく、将来への展望を予測、イメージしてながら、ご家庭での話し合いが必要ではないでしょうか。





このページではそんな効果的で成績の上がる推薦入試術の知っておいて損はない体験記の話題と注目情報を定期的に更新しています。







推薦入試は小論文が入試科目として課せられます。小論文の書き方をマスターしたい方はこちら!小論文をマスターすることで推薦入試に自信を持つことが出来るでしょう。
課題文型の小論文とは事前に課題文や資料文を読んで、出題者の設問に答えていく形式の小論文入試です。課題文型の小論文の書き方のポイントを述べていきましょう。まず第一に理解しておきたいことは、試験小論文の課題文(資料文)は全文が提示されるのではなく、その一部分すなわち『抜粋』であるということです。抜粋である以上、その文の前後には、ほかに筆者の言いたかったことや説明があるということです。また、その抜粋した出題者の意図が、その切り取り方に顕れているということです。したがってこうした理由から、抜粋箇所からは筆者の意見と出題者の意図の両方が読み取れるはずだということを意識しておいてください。







小論文対策では頻出課題をマスターすることが大切です。入試によく出題される課題は、「高齢化社会」、「介護と福祉」、「日本と中国」などが挙げられます。
整形の例を挙げて顔の個性について述べることもできますが、外国人まで持ち出さなくても多くの日本人にとって、短絡的に整形することは理解できないはずです。これは個性の問題以前に軽はずみな風潮と言った方がいいかもしれません。  ここまでの例ではいずれも外見上の個性についてでした。自分が何に向いているか、何に優れているかという個性を磨く機会よりもあらゆることを平均的にこなすことに重点が置かれる日本の教育に問題があるため、一人一人の才能が伸ばされていないと言うことこの点についてどのように考えますか。「個性を尊重する意義についてどう一考するか」という問いなのできちんと答えを出さなくてはなりません。







またさらに、入試小論文対策&自己推薦書対策を平行しておこなうことが大切です。
対象を見る視点は、私たちの経験や知識によって形作られていますから、経験や知識の少ない子供ほど柔軟に対象を眺め、大人になるほど視点が固まってしまうという訳です。







今回お伝えしたお話はまだまだ推薦入試に関してのほんの入り口に過ぎません。これからも当サイトでは誰もが見逃す受験ノウハウの知っているとお得な合格体験記を努力しているあなたとご父兄にお届けしていきます。いつでも当サイトにお越しくださいね。
もっともっと公募推薦入試の小論文に興味のある方はこちら

  • 思考の方法としての自問自答|受験の主役になれる誰もが見逃す受験ノウハウ







  • 小論文学習では入試によく出る課題を演習テーマにしましょう。「中山間地問題」や「経済摩擦」1や「日本とアジア」関連は書いておきたい頻出の課題です。上記を踏まえて、推薦入試の課題小論文対策のみに注意を払うだけでは不十分です。集団討論についてもしっかりと準備しておく必要があります。さらに最強の推薦入試エクササイズの詳細を読みたい絶対推薦入試合格したいあなたには『合格術師@推薦入試』からのオススメがこちらになります。小論文試験の準備や面接対策に欠かせない情報をゲットして下さい。



    この記事の関連ワード
    奈良県立大学 国立高校 国際医療福祉大学 高校入試 茨城大学 

    « 「脳死」の書き方をバックアップ | トップページ | 失敗しようがない問題集活用ノウハウの正解を教えます »

    小論文文字数」カテゴリの記事