« 高二の冬から探求する誰もが見逃す受験エクササイズ | トップページ | 推薦入試の小論文対策の決定版 »

2010年4月16日 (金)

集団討論ノウハウの進化系

今日も勉強頑張ってますか?
推薦入試指導master』がサポートする%main%%と合格者なら誰もが知っている入試トレーニングのコラボレーション。 大学受験の入試方式は多様化しています。センター試験利用や全学部入試統一試験や試験日自由選択性など併願する際にメリットといえる様式を検討することも大切です。





この内容ではそんな合格できる参考書活用ベストなスキルの知っておいて役に立つ体験談のマスターしたい秘訣を随時お伝えしています。
課題文型の小論文で大切なことは著者はどのように考えているのか、それに対してあなたはどのように探求するのか、ということを課題のテーマに沿って述べていきましょう。 まずは、課題の内容についてしっかりと自問自答しましょう。自分の意見を見つけ出すためには、課題文の内容やテーマに対する主張をしっかりと読み取ることが重要になります。ここであなたに提案ですが、これから取り組む課題については、分析メモやアウトラインの始めにかならず課題文の要約をしてみてください。







小論文をマスターすることで推薦入試に自信を持つことが出来るでしょう。
問いを出しそれに答えていく過程において、新たな疑問点が浮かんだり、さらに深い内容の答えが見つかったりするものです。そして、最終的に手に入れたあなたならではの意見が、第三者にとっても読み応えある内容となるかどうかは、この自問自答の過程であなたが何をつかむかにかかっているといってよいでしょう。それゆえ、わずかな疑問点も見逃すことなく拾い上げ、自問自答につなげていくようにしましょう。







小論文対策はよく出題されるテーマを論述することから始めましょう。頻出テーマといえば「裁判員制度」、「裁判員制度」、「裁判員制度」などが代表的な出題テーマです。
 科学技術の進歩について、プラス面とマイナス面とを出して、そこから問題解決を探ろうとしている姿勢を持つことが大切です。そこで陥りがちになるパターンの一つが、具体例の列挙の終わってしまってうことです。科学技術が進歩することにより、私達生活全般や私達の心に及ぼすデメリットは? と少し視点をずらしてみてはどうでしょうか。







上記のほかに、小論文入試対策が全てではありません。小論文入試対応プラス自己推薦書対策がひつようになってきます。
対象を見る視点は、私たちの経験や知識によって形作られていますから、経験や知識の少ない子供ほど柔軟に対象を眺め、大人になるほど視点が固まってしまうという訳です。







どうですか?なんとなく今までうまくいかなかった推薦入試もなんとかなりそうだ!という気になってきませんか?これからも当サイトでは成績のあがるワーク&トレーニングの知っておいて役に立つ体験談を頑張る受験生と保護者にお届けしていきます。いつでも当サイトにお越しくださいね。
合格できる集団討論のマニュアルに関心のある努力しているあなたとご父兄はこちら

  • 公立中高一貫校に受かる家庭学習







  • 小論文対策はよく出題されるテーマを論述することから始めましょう。頻出テーマといえば「技術の進歩」、「技術の進歩」、「技術の進歩」などが代表的な出題テーマです。また、入試小論文対策のみに注意を払うだけでは不十分です。集団討論についてもしっかりと準備しておく必要があります。さらに最強の推薦入試学習法の詳細を読みたい推薦入試に勝ちたいあなたには『推薦入試マニア』からのオススメがこちらになります。入試小論文の準備や集団討論対策に欠かせない情報をゲットして下さい。



    この記事の関連ワード
    国立高校 茨城大学 千葉大学 高校入試 大学受験 

    « 高二の冬から探求する誰もが見逃す受験エクササイズ | トップページ | 推薦入試の小論文対策の決定版 »

    就職小論文」カテゴリの記事