« 超特急な効果的で偏差値の上がる推薦入試トレーニング | トップページ | 視線が熱い推薦入試に受かる生徒の共通のタイプ »

2010年4月24日 (土)

成果が実感できる「高齢化社会」の書き方

今日は良い夢を見れたのでご機嫌です。おはようございます。
『合格請負人@推薦入試』です。
このコンテンツにようこそ! 現在は大学淘汰の時代が到来したといえるのでしょうか。改組、再編、新設、増設など改革を進める大学は受験生から高い人気を集めているようです。





合格を望む受験生を私も力いっぱいサポートします。合格した受験生は最強の推薦入試キーポイントをマスターしています。あなたが知っておきたい最強の推薦入試キーポイントを公開しています。ご一緒に推薦入試を成功させましょう!
小論文が読み手に評価されるには「伝わること」と「伝わったことに価値があること」が条件。「伝わる文章」はアウトラインに従い段落ごとの意味のまとまりを確認しながら書き表現表記のルールを守って分かりやすい文字で丁寧に。







推薦入試といえば小論文と面接ですよね。頻出の小論文テーマを考えていきましょう。
小論文頻出テーマ『現代の若者事情』はテーマが広く具体的な問題点についての論述が必要になります。
ここでは、路上などに集団でたむろする若者の行為を、現代の若者の問題点として考えてみましょう。問題が発生する原因を挙げる際に、いろいろな方向(家庭の問題、社会の問題、若者の意識の問題)に原因を探ろうとしていく視点が必要です。







推薦入試や推薦入試での小論文試験は学力検査の意味を持ちます。「表現力」や「語彙力」や「理解力」などがチェックさせれます。
もしくは、目先のデメリットだけではなく、科学技術がもっと進むとどうなるんだろうか、人は科学技術によってどう変わっていくのか、人間らしく生きていけるのかなどの長期的な視点に立ってみるのはどうでしょうか。より、分析が深く行えるはずです。







またさらに、公募推薦入試対策のみに注意を払うだけでは不十分です。個人面接についてもしっかりと準備しておく必要があります。
 どういう対象にも、ある程度知識を得ると疑問が消えていきます。それだけ深く理解しているからです。しかし、例えば、環境や条件が変われば、時代が変われば、使う人や見方を変えれば、異なる理解が必要になるかもしれません。 たとえば経済という分野は、1000年前には誕生していました。しかし、1000年間姿を変えずに来た訳ではありません。むしろ、国や地域や文化に応じて、時代ごとに姿や形を変えてきました。 そこには、かならず、「どのように変えれば良いか(対応するべきか)」と問うた人たちが存在します。そして、その問いへの答えを見つけようと調べ、研究した人たちがいます。また、その研究成果を発表し伝えた人たちがいます。







推薦入試を難しく考えてはいないでしょか?気持ちの向き方にヒントがありますよね。当ブログでは最強の推薦入試学習法の初公開の体験記を一生懸命なあなたとご家庭の方にお届けしていきます。いつでも当サイトにお越しくださいね。
もっともっと小論文入試や集団面接に興味のある方はこちら

  • 自問自答を支えるよりよい発想|ライバルが驚く小論文入試の準備







  • 小論文学習では入試によく出るトピックスを演習テーマにしましょう。「環境ホルモン」や「技術の進歩」1や「科学技術の進歩」関連は書いておきたい頻出のトピックスです。上記を踏まえて、小論文試験対策が全てではありません。小論文試験対応プラス志望理由書対策がひつようになってきます。さらに親子のやる気を持続できる推薦入試術の詳細を読みたい頑張る受験生と保護者には『合格請負人@推薦入試』からのオススメがこちらになります。推薦入試の小論文の準備や討論対策に欠かせない情報をゲットして下さい。



    この記事の関連ワード
    岡山大学 大学受験 奈良県立大学 題材 茨城大学 


    中学入試フォーカス

    « 超特急な効果的で偏差値の上がる推薦入試トレーニング | トップページ | 視線が熱い推薦入試に受かる生徒の共通のタイプ »

    推薦入試小論文」カテゴリの記事