« 会心の公募推薦入試対策 | トップページ | 成果が実感できる「高齢化社会」の書き方 »

2010年4月22日 (木)

超特急な効果的で偏差値の上がる推薦入試トレーニング

こんばんは♪♪♪
『合格術師@推薦入試』がサポートする%main%%と最強の勉強術&自宅学習のコラボレーション。 推薦入試の秘訣は?効果的な学習法や評判の学習塾の活用法など絶対推薦入試合格したいあなたの知りたい受験最強の勉強術&自宅学習がここにあります。





成績や偏差値が思っているほど伸びないと悩んでいるあなた!このコンテンツにそれを解決できるヒントを見つけてください。
どういう対象にも、ある程度知識を得ると疑問が消えていきます。それだけ深く理解しているからです。しかし、例えば、環境や条件が変われば、時代が変われば、使う人や見方を変えれば、異なる理解が必要になるかもしれません。
 たとえば経済という分野は、1000年前には誕生していました。しかし、1000年間姿を変えずに来た訳ではありません。むしろ、国や地域や文化に応じて、時代ごとに姿や形を変えてきました。
 そこには、かならず、「どのように変えれば良いか(対応するべきか)」と問うた人たちが存在します。そして、その問いへの答えを見つけようと調べ、研究した人たちがいます。また、その研究成果を発表し伝えた人たちがいます。













小論文対策では頻出課題をマスターすることが大切です。入試によく出題される課題は、「職業観」、「医療問題」、「環境ホルモン」などが挙げられます。
体調を崩し1日寝ていた時、「健康」のありがたさをひしひしと感じます。あなたもそういった経験はありませんか。普段意識していない「健康」ですが、失って(病気になって)初めてそのありがたさが分かるのです。健康であることのありがたさを普段は忘れているのです。 だれもが健康でなくてはなくてはいけないということで、健康食品を食べ、健康補助薬を飲み、ちょっとでも変わったたことがあればすぐに医者へ行く。  果たしてこれは健全なことなのであろうか。それだけ健康に興味を持ちながら、タバコを吸い、深酒をする現代人は、いったい健康をどう考えていけばいいのであろうか。







上記のほかに、推薦入試の小論文対策のみに注意を払うだけでは不十分です。集団面接についてもしっかりと準備しておく必要があります。
設問文に、「科学技術と私達の生活とのつながりについて」とあれば、最終的な結論を、なるべく私達の現実の生活や行動の中から探し出すようにしましょう。そのような自問自答の方向であれば、具体的な良い意見が出てきたのではないかと思われます。あなたも練習を重ねるごとに上手になっていくと思います。
 科学技術の発達によって、私達の生活は便利になり、快適なものになりつつあります。しかし、その反面、環境問題や、技術に頼りすぎる生活にも問題があることなどが指摘できます。







どうですか?なんとなく今までうまくいかなかった推薦入試もなんとかなりそうだ!という気になってきませんか?推薦入試に役立つ最新マスターしたい秘訣を最速で発信しようを心がけています。応援よろしくお願いします。
もっともっと小論文試験に興味のある方はこちら

  • 中学受験|ピンポイントアドバイス







  • 小論文対策は現役の高校生にとっては苦手になっています。というのも教科の対策が先行し小論文対策は後回しになりがちです。補足すると、公募推薦入試対策が全てではありません。公募推薦入試対応プラス志願理由書対策がひつようになってきます。さらに最強の推薦入試エクササイズの詳細を読みたい一生懸命なあなたとご家庭には『推薦入試admin』からのオススメがこちらになります。公募推薦入試の準備や志願理由書対策に欠かせない情報をゲットして下さい。



    この記事の関連ワード
    岡山大学 千葉大学 テーマ 茨城大学 国際医療福祉大学 

    « 会心の公募推薦入試対策 | トップページ | 成果が実感できる「高齢化社会」の書き方 »