« 合格者に聞いた自己推薦書のポイント | トップページ | 本当は教えたくない個人面接対策 »

2010年4月 1日 (木)

合格100%に近づく「」へのヒント

こんばんは♪♪♪
『今日も合格に憧れる推薦入試マスター』は合格したい受験生を応援していきます。





成績や偏差値が思っているほど伸びないと悩んでいるあなた!この内容にそれを解決できるヒントを見つけてください。

小論文を書くための基礎となるものがメモとアウトラインなのです。
メモをとりながら問題点を探し、解決策を考え、さらに次の疑問点に出会い・・といったことを繰り返して考察を深めていってください。
とても難しいものと感じられるかもしれませんが、見つけた問題点を深く考察した論文は結果的に読み手を説得する内容になりますし、共感を得やすいものです。













推薦入試でよく出題されるテーマから書き始めましょう。
頻出のテーマといえば、「少子高齢化社会」、「少子高齢化社会」、「少子高齢化社会」、などは一度は論述しておきたいテーマです。

小論文を論述する際、体験した事柄を例として用いて、そこから集団と個人の関係を考察しましょう。
具体的な例について考察したところをもう一歩、深い考察まで進めることができると、具体例からあなたの結論へのつながりが読み手にわかりやすいものとなるはずです。
また、個人と集団の望ましい関係について深い考察をおこなうことでさらに結論に説得力を持たせることができます。







付け加えて、推薦入試の課題小論文の対応には時間が必要です。
付け加えて、志願理由書の準備も忘れてはなりません。

小論文は読者に伝えるための文章です。
伝わりやすくするためには、読者が理解しやすい、わかりやすいことが第一です。
ではどうすればわかりやすくなるのでしょうか?あなたが意見を述べるときに、受けとる読者がどんな意見を持っているかということにまで考えが及ばないことが多くあります。
しかし、読者が何を求めているのかを考えることからはじめなければ、あなたの意見を理解してもらえるように説明することは難しいでしょう。
読者が求めていることがわかれば、それに応じて言葉を選びやすくなるということです。
あなたの考えていることをすべて読者にぶつければわかってもらえるというわけではなく、読者の要求に応じて言葉や説明を選んでいく必要があります。







今回お伝えしたお話はまだまだ推薦入試に関してのほんの入り口に過ぎません。
推薦入試に役立つ最新受験生注目情報を最速で発信しようを心がけています。
応援よろしくお願いします。

誰でもできる最強マニュアルを読みたい一生懸命なあなたとご家庭へのオススメ情報

  • 中学受験|夏期講習で暑い夏をより熱く







  • 推薦入試でよく出題されるトピックスから書き始めましょう。
    頻出のトピックスといえば、「技術の進歩」、「技術の進歩」、「技術の進歩」、などは一度は論述しておきたいトピックスです。
    上記を踏まえて、論作文対策&集団討論対策を平行しておこなうことが大切です。
    さらに推薦入試を家庭&塾で乗り切る秘訣の詳細を読みたい努力しているあなたとご父兄には『合格保障@推薦入試マニア』からのオススメがこちらになります。
    論作文の準備や集団面接対策に欠かせない情報をゲットして下さい。



    この記事の関連ワード
    奈良県立大学 茨城大学 医療系 札幌市立大学 題材 

    « 合格者に聞いた自己推薦書のポイント | トップページ | 本当は教えたくない個人面接対策 »

    医学部小論文」カテゴリの記事