« カリスマ講師が教える最強の推薦入試学習法 | トップページ | 受験のプロがそっと教える自己推薦書対策 »

2010年3月 7日 (日)

成果の出る公募推薦入試ノウハウ

いつもご訪問いただきありがとうございます。

『今日もくじけず推薦入試指導に励む管理人』です。

この内容にようこそ!推薦入試は受験生の一大イベントです。
推薦入試を失敗しないコツや学習法を体験談を交えてご紹介しましょう。





この内容ではそんな成績のあがるワーク&トレーニングの旬な情報やニュースを最速に更新しています。

課題文型の小論文で大切なことは著者はどのように考えているのか、それに対してあなたはどのように考えるのか、ということを課題のテーマに沿って述べていきましょう。
まずは、課題の内容についてしっかりと自問自答しましょう。
自分の意見を見つけ出すためには、課題文の内容やテーマに対する主張をしっかりと読み取ることが重要になります。
ここであなたに提案ですが、これから取り組む課題については、分析メモやアウトラインの始めにかならず課題文の要約をしてみてください。







推薦入試対策として欠かすことのできない小論文対策の秘訣がこのコンテンツでは満載です。

小論文頻出テーマ『現代の若者事情』はテーマが広く具体的な問題点についての論述が必要になります。

ここでは、路上などに集団でたむろする若者の行為を、現代の若者の問題点として考えてみましょう。
問題が発生する原因を挙げる際に、いろいろな方向(家庭の問題、社会の問題、若者の意識の問題)に原因を探ろうとしていく視点が必要です。







小論文対策はよく出題されるテーマを論述することから始めましょう。
頻出テーマといえば「教育問題」、「教育問題」、「教育問題」などが代表的な出題テーマです。

技術革新それ自体の中にも、「価値の高いもの」「選択すべきもの」と、そうでないものとがあって、我々はそれらの中から「価値の高いもの」「選択すべきもの」を選び取っていく必要があると考えますか?その場合の選択基準とは、優先されるべき条件とはどのようなものなのでしょうか? そしてさらに、それらが社会のあり方とも関わってくる問題だとしたら、我々は未来に向けてどのような社会を築いていけばよいのでしょうか? 







上記のほかに、推薦入試の課題小論文対策を十分におこなった上で志願理由書の準備も始めましょう。

 権威ある筆者といってもその主張はあくまでも主観的な考えです。
客観的な情報ではありません。
水が100度で沸騰するということは客観的な情報ですので、反論することはできないのですが、課題文にあるような主張は、あくまでも筆者の主観です。
何を根拠に筆者はそのような発想をするのか、それはつまりどういうことなのかなどの解釈をしながら読んでみましょう。
そうすることによって、読み手であるあなたの独自の考えが芽生えるはずです。







推薦入試を難しく考えてはいないでしょか?気持ちの向き方にヒントがありますよね。
推薦入試に受かる生徒の共通のタイプの受験生注目情報はまだまだこれからです!末永く当サイトにお付き合いくださいね♪







入試によく出題される小論文トピックスを熟達しておきましょう。
今注目のトピックスの一つといえば「キャリア教育」です。
上記を踏まえて、小論文入試対策を十分におこなった上で個人面接の準備も始めましょう。
さらに効果的で偏差値の上がる推薦入試メソッドの詳細を読みたい合格を願うあなたとご家族には『推薦入試指導マニア』からのオススメがこちらになります。
推薦入試の小論文の準備や集団討論対策に欠かせない情報をゲットして下さい。



この記事の関連ワード
千葉大学 奈良県立大学 テーマ 大学受験 題材 

« カリスマ講師が教える最強の推薦入試学習法 | トップページ | 受験のプロがそっと教える自己推薦書対策 »

小論文模範解答」カテゴリの記事