« 受験のプロがそっと教える自己推薦書対策 | トップページ | 最強の個人面接対策 »

2010年3月11日 (木)

奇跡の逆転「中山間地問題」の書き方

こんにちは。
もう食事はすみましたか?
推薦入試マスター@このブログの管理人』のページです。
推薦入試は受験生の一大イベントです。
推薦入試を失敗しないコツや学習法を体験談を交えてご紹介しましょう。





推薦入試を成功へと努力するあなた&保護者を応援したいと思っています。
やる気の継続できる推薦入試法に関するノウハウも惜しみなく公開中です。

分析メモは、もっと自分のためだけに書いていいんですよ。
汚くても構いません。
本番で提出しなさいという大学もありますが、その場合は、問題冊子に必ずその旨書かれていますから、問題を読むときに注意しておけば良いでしょう。







推薦入試対策として欠かすことのできない小論文対策の秘訣がこのコンテンツでは満載です。

 小論文課題の中には、実体験に基づく課題文が与えられており、それを踏まえながら「生身の人間とは何か」を考察し、それに対して、将来、医療に従事する者としてのあなたの主張を示すよう求められる出題があります。

 そうした課題文において、真の意味で重要なのはどのようなことでしょうか? 「患者に対し、単なる体としてではなく、精神を持つ存在として接しなければならない」というのは至極妥当な考えと言えるでしょう。
しかし、単にそれだけでは、課題文の内容を充分吟味したとは言い難いでしょう。
何故なら、そういった考えは、比較的広く受け入れられている一般論として存在し、認識されている類のものであり、課題文に接しなくとも記述可能なことだからです。
では、どのような考察が課題文を活かすものとなるでしょうか? 







小論文対策では頻出テーマをマスターすることが大切です。
入試によく出題されるテーマは、「国民性の変化」、「国民性の変化」、「国民性の変化」などが挙げられます。

科学技術の発展や医学の進歩も、国内外における人々の協力があってこそ実現した成果といえましょうが、昨今では、新薬や医療技術の開発についても、真に医学や患者のための開発なのか、利潤の追求が目的なのか疑わしく思われるような事例も数多く見受けられます。
社会の発展の仕組みに「需要と供給の関係」が深くかかわっている以上、発展を望めばどのような分野であれ、需要が生み出されるような方策を講じる必要が起こってくるのでしょうが、目的のためならば手段を選ばないというようなやり方でよいのか、方法がなんであれ結果さえよければ許されるのか等、様々な問題も浮かび上がってくるように思われます。







付け加えて、公募推薦入試の小論文対策のみに注意を払うだけでは不十分です。
集団討論についてもしっかりと準備しておく必要があります。

このように考えていくと、最終的に「ロボットに心を持たせる」のは、人工知能でも遺伝子工学でもなく、認識主体である自分自身の意識や感情のはたらきに他ならないということになります。
人間は自分の感情を、感情をもつはずのない機械にまで投影(あるいは感情移入)させてしまうものなのです。
そこが人間の心の本質とも言えるところであり、すばらしいところだと考えられるのですね。







推薦入試は簡単でしょうか?それとも大変でしょうか?すべては気持ちの持ち方にあるのではないでしょうか?これからも当サイトでは合格できる通信講座活用法の他人に教えたくない推薦入試合格メソッドを努力しているあなたとご父兄にお届けしていきます。
いつでも当サイトにお越しくださいね。

合格したい受験生をサポートする最強マニュアルや論作文と志望理由書を知りたい方はこちら!

  • プロ家庭教師で中学受験クリアー







  • 入試によく出題される小論文課題を習得しておきましょう。
    今注目の課題の一つといえば「パンデミック対策」です。
    加えて、論作文の対応には時間が必要です。
    加えて、集団面接の準備も忘れてはなりません。
    さらにやる気の継続できる推薦入試法の詳細を読みたい絶対推薦入試合格したいあなたには『推薦入試@合格請負!!』からのオススメがこちらになります。
    入試小論文の準備や討論対策に欠かせない情報をゲットして下さい。



    この記事の関連ワード
    岡山大学 札幌市立大学 千葉大学 奈良県立大学 テーマ 

    « 受験のプロがそっと教える自己推薦書対策 | トップページ | 最強の個人面接対策 »

    小論文文字数」カテゴリの記事