« 倍率に負けない小論文の書き方対策 | トップページ | 志願理由書対策の抜け道 »

2010年3月26日 (金)

合格への直行便「少子高齢化社会の問題点」マニュアル

こんばんは。
今日も塾で頑張りましたか?お疲れ様でした!
推薦入試指導マニア』がお届けするノウハウをご覧ください。
推薦入試の学習法を知りたい方はこちら!失敗しようがないベストな自宅での勉強計画を中心として推薦入試必勝法を公開しています。





うまくいかないことを悩む場面も多々あることでしょう。
そんなときは当コンテンツに訪問していただければ幸いです。
最強の推薦入試ノウハウのヒントを探して下さい。

それと平行して、世間の人々の意見や主張方も知っておきましょう。
あきらかに「悪いこと」なのに、あなたの意見や主張が「よいと思う」からそれを通してしまったのでは、入試や入社において担当者にはあまりいい印象を持たれないでしょう。
そのようなことに目を向けるために、テレビの討論番組や報道番組を見てみるのもよいのではないでしょうか。







小論文はあなたもマスターできます。
小論文をマスターして推薦入試に受かりましょう。

 入試小論文で課される課題文への読解が要求していることは、入試国語で言う所の「内容面の把握」という読みに集約されます。そこにおいて先の「技術面の把握」といった側面も欠くべからざる能力であることは言うまでもありませんが、入試論文で要求される読解はここにとどまりはしないのです。
 読解とは「文章を読んで理解すること」ですが、入試小論文の世界では、従来の入試国語のようなく書かれている内容をそのままに理解するという読みだけではなく、『分析的読み』・『批判的読み』という読み方が要求されます。







小論文学習では入試によく出る課題を演習テーマにしましょう。
「行政改革」や「行政改革」や「行政改革」関連は書いておきたい頻出の課題です。

具体的な解決策として「親とよく相談し、話し合うこと」を解決方法に挙げるのであれば、どういった点について話し合いたいと思いますか。
そしてあなたなら、親や世の中に対する不満や反発のはけ口を、「路上などに集団でたむろすること」に求めるのではなく、どのような方向に向けて活路を見出していきたいと考えますか。
また、今を充実させるためには、現実を押し付けられた学生生活(塾や予備校通い)だと受け止めるのではなく、自らの主体的な意思に基づく学生生活とする必要があるのではないかと思いますが、そのためには、自分の将来についても思いをめぐらせ、今の自分に何が必要なのか、何ができるのかという点についても考えてみるとよいでしょう。







付け加えて、入試小論文対策を十分におこなった上で集団討論の準備も始めましょう。

もちろん、疑問点を見つけ出すことで対象をより深く理解できるということは、子供だけの特典ではありません。
大学の先生方も、疑問の余地の無いことを問うたりはしません。
疑問をみつけて問いを発して調べて解答を得ることこそ、その対象を理解するということになるのです。







いかがでしょうか?推薦入試が上手くできそうな気持ちが湧いてきたことでしょう!次回も推薦入試に効果のある受験メソッドの公開したくないメソッドを公開する予定です。
一生懸命なあなたとご家庭の訪問をお待ちしております。

さらに『推薦入試指導中の管理人』についての詳しい内容はこちら

  • 中学受験:お試しは無料体験講義で







  • 入試によく出題される小論文分野を習得しておきましょう。
    今注目の分野の一つといえば「経済摩擦」です。
    さらに、入試小論文対策のみに注意を払うだけでは不十分です。
    自己推薦書についてもしっかりと準備しておく必要があります。
    さらにやる気の継続できる推薦入試法の詳細を読みたい努力しているあなたとご父兄には『マニア@推薦入試指導』からのオススメがこちらになります。
    小論文の書き方の準備や集団面接対策に欠かせない情報をゲットして下さい。



    この記事の関連ワード
    高校入試 医療系 福島大学 国際医療福祉大学 千葉大学 

    « 倍率に負けない小論文の書き方対策 | トップページ | 志願理由書対策の抜け道 »

    推薦入試小論文」カテゴリの記事