« 「行政改革」を書こう | トップページ | 受験生の志願理由書対策応援団 »

2010年2月18日 (木)

ライバルが驚く「環境保護と地域開発」

こんにちは。
今日は食べすぎちゃったかもしれません。



推薦入試マスター(管理人)』は推薦入試を合格に導く合格メソッドに大変関心を持っています。
%intro1%%



うまくいかないことを悩む場面も多々あることでしょう。
そんなときは当内容に訪問していただければ幸いです。
効果的で偏差値の上がる推薦入試マニュアルのヒントを探して下さい。

ある課題についての意見や主張を持つということは、その課題のことを、まず詳しく理解しなくてはなりません。
そのために、徹底した分析が必要になることは当然ですが、問題は、いくら理解したつもりでも、そこから小論文入試で問われているあなたの意見が見つけられなければ、解答作成は出来ないということです。
そこで、これから意見や主張を見つけるコツについて解説します。




推薦入試対策として欠かすことのできない小論文対策の秘訣がこのページでは満載です。

実際に小論文・論文を書いたことのある人なら誰でも経験する発問の壁について考えましょう。
自問自答は対象を分析するために欠くことのできない思考の基本的な作業です。
しかし、自ら問いを発して自ら答えようとするとき、実際にはいくつもの問いの中からもっとも価値のあるものを選択して発するものです。
あるテーマを分析するのにどの分野から問いを発するかによって分析の方向が全く異なってくるのですから、選択する能力が必要になります。




小論文対策では頻出分野を熟達することが大切です。
入試によく出題される分野は、「」、「」、「」などが挙げられます。

集団の中での「責任」と個人が持つ「責任」とはどう違うのでしょう? あなたにとって集団とは、どういうものでしょうか? それは、友達だったり、家族だったり、部活動の仲間だったり、様々な社会がありますが、その集団の中の自分でいることで安心したり、また逆に自分自身が庇護されていると勘違いしている場合もありますね。
そこで、個人と集団とをまったく交わりのない単位として扱うのではなく、集団の中に個人があり、個人の集まりが集団をかたちづくるという捉え方で、お互いの関わり合いや影響力について考えてみるとどうでしょうか?




またさらに、小論文の書き方対策&個人面接対策を平行しておこなうことが大切です。

読むという行為を考えてみましょう。
読解には二つのあり方があります。
形式的読解と実質的読解と呼んでみましょう。
形式的読解は根拠となる情報からどのように文を組み立てているのか、文章の流れなどを分析する読み方です。
これは社会や理科の教科書を読むときの読み方であるといえます。
ポイントとなる用語を暗記して、用語と用語のつながりを理解します。
実質的読解とは情報を解釈しながら読む読み方です。
現代文や英文、古文などの読み方です。
古文を例にとるとわかりやすいでしょう。
古文を古典文法や重要古語の知識を使い、訳をつくってもよくわからない訳ができます。
そこから、つまりこういうことだろうと解釈しなければなりません。
この読み方が実質的読解です。




この様に一口に推薦入試といっても奥は非常に深いものです。
最強の推薦入試学習法の受験生注目情報はまだまだこれからです!末永く当サイトにお付き合いくださいね♪
合格したい受験生の知りたい合格できる学習塾活用ノウハウをもれなく掲載!

  • 中学受験:お試しは無料体験講義で




  • 小論文学習では入試によく出るトピックスを演習テーマにしましょう。
    「日本と中国」や「日本と中国」や「日本と中国」関連は書いておきたい頻出のトピックスです。
    加えて、推薦入試の小論文の対応には時間が必要です。
    加えて、討論の準備も忘れてはなりません。
    さらに合格できる学習塾活用メソッドの詳細を読みたい頑張る受験生と保護者には『推薦入試admin』からのオススメがこちらになります。
    推薦入試の小論文の準備や討論対策に欠かせない情報をゲットして下さい。





    入試「小論文」ゼミの特徴 小論文対策講座 大学入試(一般・推薦・AO) ・公務員試験・教員採用試験 論文指導者基礎講座 論文指導者を目指されている方の講座です 受講生の声 2005〓06受講生 2006〓07受講生 社会福祉士小論文



    この記事の関連ワード
    高校入試 茨城大学 千葉大学 大学受験 奈良県立大学 

    « 「行政改革」を書こう | トップページ | 受験生の志願理由書対策応援団 »

    推薦入試小論文」カテゴリの記事