« 受験生の志願理由書対策応援団 | トップページ | 合格への直行便「少子高齢化社会の問題点」マニュアル »

2010年2月21日 (日)

倍率に負けない小論文の書き方対策

こんにちは。
食後はねむいです。

推薦入試マスター(管理人)』が成績のあがるワーク&トレーニングと他人に教えたくない推薦入試合格メソッドを大公開!%intro1%%



このコンテンツではそんな失敗しようがないベストな自宅学習の知っておいて損はない体験記のマスターしたい秘訣を定期的に更新しています。

入試において課せられたテーマを分析する場合、異なる視点にこだわるのではなく、言いたいことを見つけるために分析を柔軟に行なおうとしているのだという意識を持って、常識や既成概念に捕らわれないようにすると良いと思います。
推論まではかなり早くできるのであれば、そこからひとつの結論に急がないで、他の可能性を探るようにすればいいですね。
その具体的な方法としては、具体例を想定してみるのがやりやすいと思います。




推薦入試といえば小論文と面接ですよね。
頻出の小論文テーマを考えていきましょう。

携帯電話によって、常に「管理」されているような感覚で生活していることも、その不安な心理を増大させる原因のひとつと考えられますね。
このように、原因を一つに限定せずに、いろいろな角度から国民性の変化を考察していくようにしましょう。




入試によく出題される小論文分野を熟達しておきましょう。
今注目の分野の一つといえば「介護と福祉」です。

未開社会においては、用意された特有の成人式(儀式)によって、子どもは一挙に大人へと成長を遂げることができますが、現代社会は高度に複雑化しており、価値観の多様化や急激な変化のために、子どもから大人への成長過程も必然的に複雑化していく傾向にあります。
その結果、現代の若者は、青年期という、大人でもなく、かといって子どもでもないというような不安定な時期を長く過ごさねばならなくなりました。




補足すると、入試小論文対策が全てではありません。
入試小論文対応プラス個人面接対策がひつようになってきます。

科学技術が経済活動を活発にしていたのが、いつのまにか経済活動中心となり、モノは十分に満たされているのに、さらにモノを流通させようと、使い捨ての世の中になってしまった面もあると思います。
こういう経済中心の社会をあなたはどう考えますか。

今後、取り返しのつかない失敗を起こさないようにするために、私達は、科学技術の発達と、それが生活の中に入り込んでくる状況に対して、どのような意識でもって向かい合うべきなのかを考えてみましょう。
もう一歩奥に踏み込んで考えるようにしましょう。
そうすると、説得力のある結論になってくるのではないか。




やる気を続けることの大変さ!今回のお話の続きは次回にまた・・・。
次回もマッチベストな推薦入試マニュアルの知らないと困る入試ニュースを公開する予定です。
合格したい受験生の訪問をお待ちしております。

推薦入試に効果のある受験トレーニングと公募推薦入試の小論文&討論ついて詳しい内容はこちら

  • 公立中高一貫校に受かる合格ノウハウ




  • 小論文対策では頻出課題を習得することが大切です。
    入試によく出題される課題は、「技術の進歩」、「技術の進歩」、「技術の進歩」などが挙げられます。
    付け加えて、論作文対策が全てではありません。
    論作文対応プラス集団面接対策がひつようになってきます。
    さらに効果的で偏差値の上がる推薦入試ベストなスキルの詳細を読みたい頑張る受験生と保護者には『塾長@進学指導』からのオススメがこちらになります。
    推薦入試の小論文の準備や面接対策に欠かせない情報をゲットして下さい。





    就職試験受かる小論文・作文模範文例 内定を勝ちとる自己アピールのヒント満載!! 2011年度版 新星出版社編集部/編 内定者の作文・小論文 内定が取れる最強実例100 ’11年版 阪東恭一/著 小論文志望動機



    この記事の関連ワード
    茨城大学 医療系 題材 看護 テーマ 


    推薦入試合格へ全速力!

    « 受験生の志願理由書対策応援団 | トップページ | 合格への直行便「少子高齢化社会の問題点」マニュアル »

    就職小論文」カテゴリの記事