トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

残り半年からの推薦入試に受かる生徒の共通のタイプ

こんにちは。
今日もありがとうございます。

『合格請負人@推薦入試』が配信するお得な情報をお楽しみ下さい。

このページではそんな合格できる学習塾活用ベストなスキルの知らないと困る入試ニュースの話題と注目情報を随時お伝えしています。

小論文は、その人物の個性や学問をするうえで必要になる学問的態度の有無、科学的、論理的思考力、表現力とそれらの下地となる学力と教養の広さ深さを調べる試験です。
 大変多くの資質と能力を調べられる厄介な試験だと感じる人が多いでしょうが、その資質を鍛え、能力を磨く方法は明快に示されています。
 ここで解説する自問自答と発想、アウトライン作りまでの論理的思考の方法と小論文の作成手順は、その基本的な方法でしかありませんが、それを素直に実行するだけで、だれでも小論文が書けるようになるものです。

推薦入試対策として欠かすことのできない小論文対策の秘訣がこのページでは満載です。

筆者の見解や説明は、とりあえず前後の文章を想定しないで読める範囲を正確に読み取ることが必要です。
その上で、課せられたテーマとの関連付けのもとで先の項目に出てきた出題者の意図に潜む期待と、背景にある問題や一般常識などに対する、筆者の立場や視点がどのようなものであるかを明確にする読み方が必要になります。

推薦入試でよく出題されるトピックスから書き始めましょう。
頻出のトピックスといえば、「医療問題」、「医療問題」、「医療問題」、などは一度は論述しておきたいトピックスです。

また、あなたは次のことを聞いたことがありませんか。
 食べ物で、地産地消(その地域で取れたものを食べる)といったこととか、旬のものを食べる方がいいとかいったこと。
また、人間には「自然治癒力」が備わっており、その力を発揮させる方向で考えた方がいいとかいったこと。
そうしたことを考慮に入れて現代人の健康感についての考察を深めてください。

またさらに、推薦入試の小論文の対応には時間が必要です。
またさらに、自己推薦書の準備も忘れてはなりません。

赤本の解説は親切丁寧であるとはいえません。
分からない問題の解説が不十分であると、学習効率は下がります。
解説が少ないとやる気をそぎますよね。
必須アイテムである赤本をあなたは有効に活用していますか。
解説の詳しくない問題集は演習教材としての役割は果たせません。
受験生のバイブル赤本は必ず手元においておきましょう。
あなたが解ける問題の数を増やすこと即ち学力を上げることなのです。

またさらに、推薦入試の小論文の対応には時間が必要です。
またさらに、自己推薦書の準備も忘れてはなりません。

あなたにとって最適な赤本活用法を工夫して下さい。
赤本はあなた次第でいくらでもその活用法が思い浮かぶのではないでしょうか。
赤本の活用は勘違いする方もいらっしゃるようです。
傾向を推測することのみで入試対策が完結したわけではありません。
赤本は値段が高いのが購入をためらう理由になっています。
赤本で対策を練ることがあなたの勉強の方向性を教えてくれるはずです。
志望校の赤本を購入することをためらわないでください。
赤本に価格以上の価値を感じるか否かはあなたの赤本の使い方によるのです。

やる気を続けることの大変さ!今回のお話の続きは次回にまた・・・。
お話したい合格マニュアルはまだまだ沢山ご用意しています。
それではこれからも当サイト、どうぞよろしくお願いします。

さらに小論文についての詳しい内容はこちら

  • 中学受験|自宅学習が合否のポイント

  • 小論文対策では頻出分野を習得することが大切です。
    入試によく出題される分野は、「環境破壊」、「環境破壊」、「環境破壊」などが挙げられます。
    またさらに、公募推薦入試対策&志願理由書対策を平行しておこなうことが大切です。
    さらに効果的で確実な推薦入試方法の詳細を読みたい合格したい受験生には『成績アップマスター』からのオススメがこちらになります。
    小論文入試の準備や志願理由書対策に欠かせない情報をゲットして下さい。


    しかし、小論文の知識がまったくないまま書き始めるのは難しいので、自分で1冊、教員採用試験の小論文対策の本を購入して参考にしましょう。
    どの本がいいか分からない人は、教職センターの竹内(10号館504)か、学務センター教職事務に ...

    class="sb_meta">>wwwkc.meijo-u.ac.jp/syouronnbunnpage.html> · キャッシュ ページ

        トップページ | 2010年2月 »